トップ > SoundUD推進コンソーシアムについて

SoundUD推進コンソーシアムについて

いつでも、どこでも、誰にでも、
必要な情報が正しく伝わる、
言語、聴力の不安のない社会実現に向け、
官民を挙げて「音のユニバーサルデザイン化」
を推進しています。
訪日外国人の増加や障害者差別解消法の施行、高齢化社会の到来などにより、
情報格差や差別のない新たな情報提供の手段が必要とされています。

SoundUD推進コンソーシアムではSoundUDの技術を活用し、
官民一体となってこの問題に取り組み、 あらゆる場所で、あらゆる場面で、
言語・聴力に不安のない社会の実現に向けた環境整備を行っています。

日本発の
“音のプラットフォーム”

SoundUDをあらゆる業界へ普及させ、プラットフォームの構築を行うことで、
利用者はどこにいても共通の規格で情報を受け取ることができるようになります。

この取組みに共感した企業や団体が、業界横断的に集まり、
この“音のプラットフォーム”を実現することで日本発の
新しいユニバーサルデザインを実現します。

共創と普及を持続可能
にするSoundUDの
エコシステム

SoundUDの技術と特許を広く会員に開放することで、会員自らがプレイヤーとして、
共同開発から社会実装までを目的に活動をしていること、
そして音のユニバーサルデザイン化と新たなビジネスの双方を両輪とすることで、
持続可能なシステムを形成していることが、本コンソーシアムの大きな特長です。

主な外部表彰

  • 2019年12月19日

    IAUD国際デザイン賞2019 大賞

    IAUD国際デザイン賞は、ユニバーサルデザインの普及と支援のために2010年にIAUDによって創設されたもので、民族、文化、慣習、国籍、性別、年齢、能力等の違いにかかわらず、 “一人でも多くの人が快適で暮らしやすい”UD社会の実現に向けて、特に顕著な活動の実践や提案を行なっている団体・個人を国際的に表彰しています。
    https://www.yamaha.com/ja/news_release/2019/19121901/

  • 2019年10月15日

    CEATEC AWARD 2019
    「トータルソリューション部門 準グランプリ」

    CEATEC AWARD 2019は、情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)、電子情報技術産業協会(JEITA)、コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)が主催する国際展示会、CEATEC 2019に展示される技術・製品・サービス等の中から、「CEATEC AWARD 2019 審査委員会」が学術的・技術的観点、市場性や将来性等の視点で、イノベーション性が高く優れていると評価できるものを審査・選考し、表彰するものです。
    https://www.ceatec.com/ja/outline/outline04_02.html

  • 2019年10月2日

    GOOD DESIGN AWARD 2019

    グッドデザイン賞は、デザインによって私たちの暮らしや社会をよりよくしていくための活動です。かたちのある無しにかかわらず、私たちを取りまくさまざまなものごとに贈られます。人が何らかの理想や目的を果たすために築いたものごとをデザインととらえ、その質を評価・顕彰しています。
    https://www.g-mark.org/award/describe/49652?token=CXRrQvI4oA

  • 2019年9月12日

    第5回 ジャパン・ツーリズム・アワード
    「デジタル活用特別賞」

    ジャパン・ツーリズム・アワードは、ツーリズムの発展と拡大に貢献、日本最大の総合観光イベント「ツーリズムEXPOジャパン」とのシナジー効果に寄与した、国内外の団体・組織・企業の持続可能で優れた取組を表彰するものです。
    https://www.t-expo.jp/_shared/pdf/tej2020_awardrelease01_ja.pdf

お問い合わせはこちら
SoundUD推進コンソーシアム事務局
soundud-consortium-ml@music.yamaha.com