トップ活動履歴・ニュース > 設立総会

設立総会

言語や聴力への不安がない社会―“音のユニバーサルデザイン化社会”を促進することを目的に、「SoundUD推進コンソーシアム」を設立し、本会の決起大会を開催しました。
  • 日時
    2017.10.25
  • 場所
    両国国技館

  •     
  • 内容

    設立の背景と目的:
    近年、訪日外国人の増加や障害者差別解消法の施行、高齢化社会の到来により、格差や差別を生むことなく誰にでも等しく情報を伝達することが必要不可欠となっています。ところが、日本語が分からない外国人や聴力に不安を持つ方への対応など、音に関するユニバーサルデザイン化への取り組みは遅れているのが実情です。
    このような課題を解決すべく、「SoundUD」の普及と推進に取り組んできました。「SoundUD」は、対応スポットで流れる音声の内容をアプリやデジタルサイネージに文字として表示することができます。例えば、アナウンスと連動して翻訳情報を文字で提供したり、ユーザーに検索を強いることなくその場所で必要な情報をダイレクトに提供したりすることができます。
    こうした音のユニバーサルデザイン化への取り組みを、多くの企業・団体とオールジャパン体制で進めるために『SoundUD推進コンソーシアム』を設立しました。今回のコンソーシアム設立を機に、「SoundUD」の技術の一部を標準規格としてオープン化し、会員に提供していきます。
    「SoundUD」の技術のオープン化を皮切りに、平常時のみならず緊急時も含むあらゆるシーンを想定した環境づくりを促進し、日本全体で音のユニバーサルデザインのサービスが受けられる音のプラットフォームづくりを会員とともに目指していきます。また、このプラットフォームを幅広い用途に “2次活用”できる仕組みを整備することで、日本発の新たなビジネスモデルやイノベーション創出も促進していきます。

お問い合わせはこちら
SoundUD推進コンソーシアム事務局
soundud-consortium-ml@music.yamaha.com